食べる・旅する・写真を撮る"ぽて子"のメモ&ギャラリー*・*・*・*・*・*・*只今前のブログからちょっとずつこちらに引越し中です
by poteko618
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
▼グルメ&スイーツ
+新宿・四ッ谷
+市ヶ谷・神楽坂
+阿佐ヶ谷・高円寺・中野
+吉祥寺・西荻窪・荻窪
+渋谷・原宿・恵比寿
+表参道・外苑前
+六本木・赤坂
+西麻布・広尾
+白金・麻布十番
+銀座・京橋
+根津・本郷
+その他エリア
+家ごはん・頂き物
▼旅行(海外)
+Cancun
+LosAngeles
+Australia
+Taiwan
+London
+Paris
+palau
▼旅行・お出かけ(国内)
+東京・千葉
+神奈川
+茨城
+山梨
+石川
+福岡
+佐賀・長崎
ぽてごと
ものづくり
未分類
タグ
(58)
(43)
(36)
(23)
(16)
(14)
(13)
(11)
(9)
(7)
(7)
(5)
(3)
(3)
以前の記事
2012年 02月
2011年 09月
2011年 08月
more...
*** MAIL ***

*film photo gallery*

*photo gallery*


写真等の画像・文章の無断使用・無断転載はご遠慮下さい。リンクはコメント等でお知らせ頂けると嬉しいです。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Cancun2007 #3 世界遺産
f0169341_2356519.jpg
到着した次の日、早起きをして向かったのは…
ユネスコの文化遺産として1988年に登録された、古代都市「チェチェン イッツァ」マヤ民族が200年以上もの間に築いた最大の遺跡です。
実は3年前にも同じ遺跡を見学しました。今回はゆっくり写真を撮りたくて2度目の訪問。




**********

ホテルからバスに乗り込んで205kmの2時間半の旅。今回のバスガイドさんは若くて元気のある方で車内でメキシコのおススメ土産を教えてくれました。
その間、バスの窓から見える外の風景はダウンタウンからジャングルへ…

到着してバスを降りると気温がぐっと上がったのを感じられます。入園の手続きを終え、早速見学開始♪
広大な敷地の中には沢山の遺跡が。中でも一番の目玉はこの「エル・カスティージョ」
f0169341_23573712.jpg
四角推の高さ24メートルもある巨大なピラミッドです。エジプトの様なお墓として造られた物ではなく、王の神殿として使われていました。
「0」の概念を発見したと言われるマヤ文明の人々は、数学と天文学に長けていました。
4つの側面にそれぞれ91段の階段があり、91段×4面=「364」
階段を上りきると最後にもう1段あるので、364+1=「365」。1年は365日だと言うことを発見し、各段が一日を表しています。

3年前に訪れた時はこのピラミッドを登ることが出来ましたが、残念なことに昨年転落事故が起きたため上ることが出来なくなっていました…。
91段の階段は手すりなど無く、とても急な造りのため怖い思いをしましたが、頂上から見える景色は一面のジャングルで素晴らしかったのを覚えています。
f0169341_23574293.jpg
これは「フエゴ・デ・ペロタ」という競技が行われたという競技場。
ラケットなどでボールを打ち合い、壁から突き出でているリング状の穴にゴールさせる7名チームの球技。
↑大柄な外国人のおじ様が小さーく見えてしまうほど高い壁です。ゴールの位置も高すぎます…

この壁はもう一つ同じものが平行に並んでおり、それぞれのゴールが内側を向いて建っています。
壁と壁の間に立ち、手をパチン!と大きく叩くと…音が壁と壁の間を行き来するように反射し、1回の拍手で7回反射する音が聞き取れるという造り。
(私は5回位までしか聞き取れませんでしたー)
観衆の声援が大きく聞こえるように、壁が上部になるにつれ垂直ではなく少し内側に倒れるように建てられているため、こだまのように音が反射し合うのだそうです。
f0169341_23585231.jpg
競技が終わると死の儀式が行われ、神の国へ行くためにこの球技で勝利したチームのキャプテンが生け贄となるのだそう。
負けたチームのキャプテンじゃなくて!?とびっくり。負けた人間の生け贄は神に対し、逆に失礼になる…という理由だそうで。
f0169341_2359752.jpg
この競技の様子を伝える彫刻も残っていました。
左下にある、左を向いたドクロの周りを丸く彫ってあるものが競技で使う球を表しています。
その右に、跪くこの球技のキャプテンに値する人の胴体が。よく見ると頭がなく首から血しぶきが描かれ、血しぶきは全て先端がヘビになっています。

死後の世界を強く信じたマヤ文明の人々は、死後の世界へ行くことは名誉であり、本人も自ら喜んで死の儀式に参加したんだそうです。
f0169341_2359243.jpg
生け贄のなった人たちの生首が飾られた台座。当時は本当に生首か串刺しにされていたんでそうです…恐ろしい…(o_o;)
ガイドさんが言うには、霊感の強い女性観光客がこの付近で気分が悪くなり、見学を断念してしまったこともあるんだとか。
f0169341_004955.jpg
左;セノーテ 自然に出来た井戸をセノーテと言い、内陸にあるこの場所では川が無く、水が大変貴重であったためセノーテがあるところを選んで都市が造られていったそう。
真意は謎ですが、神へ捧げる為の生け贄としてここでも生きたままの人間が投げ込まれたとか。100年前にここを調査した研究チームが潜ったところ、19体の女性の骨や装飾品等が発見されたそうです。

右;アーチの技術を持たなかったマヤ文明の人たちは、天井と壁の支えに木材を使用していました。 約1500年以上も前に建てられたの遺跡なのに、今も通路の天井は当時の木材で支えられています。
f0169341_013612.jpg
これは「エル・カラコル」と言う天体観測所。
f0169341_014158.jpg
ちょっと血なまぐさい文明のイメージがついてしまいますが、日本が古墳を造っていた時代には既にブロックを積み上げて建物を造っていたマヤ文明の人々。高度な文明を持ち、それが1500年以上経った現在でも見ることが出来る不思議な感覚を楽しむことが出来ました♪

天気が良く、とにかく暑いため途中でバテてしまいましたが、メキシコへ行った際はぜひ訪れて頂きたいスポットです♪


  >> Cancun2007 #4 食べたものあれこれ につづく♪
[PR]
by poteko618 | 2007-04-03 23:00 | +Cancun
<< 千葉「マザー牧場で苺狩り」 Cancun2007 #2 ホテル >>